シングスピール会 公式ウェブサイト >> 運営関連資料 >>

安全保障に関する概況

以下に、当家の安全保障をめぐる情勢の概況を示す。

現在の概況

全体概況

最近になって、当家不倶戴天の敵である日蓮正宗、その別働部隊である創価学会、これらと深い関わりのある医療利権勢力、およびその手先がほとんどの敵対行為に関わり、直接あるいは裏で黒幕として手を引いてこれを行っていることが判明している。
この団体の実行部隊によって、当家代表について根拠が無く、悪意を以って恣意的に捏造された風評がメールやDMなどによって大規模にばら撒かれ孤立化の原因となっている可能性が極めて高い。この手口は、過去に筆者の家族親類等に対して行われた離間工作の手口と同じである。
敵側の吹聴、および各種操作によって情勢は厳しさを増しており、これまで以上に安全保障には神経を使って臨まなければならない状況である。

対日蓮正宗・創価学会・カルト宗教・惹起者関連

最近になって、人的集団ストーカー行為と見られる事象が散見されるようになっている。これは、敵側が特定地域に再度都合よく誘導を行うために惹き起こされている可能性がある。
不要不急の外出や旅行などは危険であるといえる状況である。
宗門の指示によって創価学会の謀略部門から派遣された風評工作や離間工作のための工作員、本山から派遣され不都合者の抹殺工作を行う精鋭部隊、あるいは先述の風評工作や離間工作によって煽動された法華講員がおり、この孤立化工作や精神科への誘導策動に加勢している。また、旧所属寺院には斯様の敵対者が変わらずに跋扈していて、極めて危険な情勢である。本山関連の工作員は離壇時の対応に誤りが無ければ誘発されなかったものであり、これらは敵勢力のBMI犯罪によって誤った行動を強要された結果誘発されたものであり、わざわざ不利な立場に追い込むために敵勢力が画策したものであった。

生活・居住環境関連

経済情勢は厳しく、不要不急の支出は一家運営の首を絞めることになる情勢である。また、放射能汚染による健康被害の拡大が全首都圏域において続いている。当家を取り巻く情勢は危機的であり最大限、倹約と抑制が必要な情勢である。

交際問題

交際問題に関する状況は引き続き厳しい情勢で推移している。
新たな縁が興る可能性も薄く、交際事犯の更なる惹起を危惧しなければならない情勢にある。
このことから、2015年4月より半年間の交際統制を敷いて冷却期間を置くことを徹底したものである。
この冷却期間が功を奏し、防犯体制の強化も相俟って交際事犯の起る可能性は以前に比して大きく低減した。
今後は、工作員と非工作員を正確に峻別し誤認識を防止するとともに周辺をうろつく工作員に最大限の注意を払うこととし、挙動不審の者、発言不審の者は厭離することで交際事犯を防止する。

今後のプロジェクトとの関わり

当家で将来の移住先と目していた首都圏・東京エリアであるが、最近の調べでは予想以上に状況の劣化が著しく、特に敵宗門と創価学会の跋扈が激しさを増しており、安全保障面はもとより当家運営全般に及ぼす事項の状況が悪化している。
現在でも宗門は全国に約50万人の、創価学会は全国に100~200万の活動人員を擁していると見られ、中でも首都圏にその多くが跋扈していると予想される。
更に、当該地域における地方政治の状況が悪く、学会員らが不当に優遇を受けている一方で一般市民が不当に冷遇されており、帰京した場合環境が著しく悪化することまで考えられる。従って現況での帰京は時期尚早であると断じたところであり、この点については、執行部も共通の見解を持っているところであった。
今後においては、現実に即した計画の立案とともに、地域情勢を精査の上で改めて移転先について検討を行う。

今後の予測

全体

今後少なくとも数年は、引き続き厳しい情勢で推移すると見られる。治安情勢の悪化が予見され、これまで以上に厳重な警戒を以って臨まなければならない。特に、交際事犯(特に交際類似行為)や凶悪な工作員などに注意が必要である。

対惹起者関連

今後は、特に集団ストーカー行為の激化が予想されている。これまでの集団ストーカー行為は職場や宗教寺院におけるものが大半であったが、今後は雑踏における集団ストーカーの増加が予見され、これに対して厳重な警戒が必要である。

生活・居住環境関連

今後、経済状況及び環境状況の著しい悪化によって居住が不可能となる可能性が大きいと見積もっている。
これらは今後1~2年が大きな転機となると見られており、性急な就業、および交際関係の性急な締結は危険であるといわねばならない状況である。

交際問題関連

結実して然るべき「身近な縁」を2008年までに潰されてからすでに7年ほどが経過している。これに伴い、今後以下のような事象の発生が予想されている。
・年増者による不当な交際要求
・若年者による交際事犯の惹起(特に交際類似行為)
・交際問題をネタにした集団ストーカー行為、交際事犯の更なる惹起
これら事態の惹起には厳重な警戒と厳格無慈悲な対応が必要である。
また、新天地計画の妨げとなる危険性があるゆえ、性急な交際行動は差し控えるべき状況であり、また斯様の煽動があった場合にはこれを排除して身を守る必要がある。
交際資格要綱規定の遵守を徹底することによって、先述の如き惹起者の発生を抑え、万一発生があってもこれを速やかに排除し、正常な交際機会を害するようなことの無いように努めるものとする。

プロジェクトとの関わり

今後状況が改善する可能性は依然見えておらず、かえって悪化する可能性まである。このことから、プロジェクト実現の可能性に黄信号が灯り始めている。これについては、現在のプロジェクト内容に拘泥することなく柔軟な対応や新たな選択肢の検討が必要となっている。

関連ページ

ただいま準備中

おことわり

本ページに記載の情報につきましては、情勢の変化、および当家の都合などにより内容が変更となる場合があります。予めご了承ください。
このページの最終更新日は 2016年6月9日です。
シングスピール会 安全保障部