シングスピール会 金城家本部 >> プロジェクト・事業 >>

新天地プロジェクト

はじめに

シングスピール会当主は、長年一家を苦しめてきた敵である「日蓮正宗」「創価学会」の組織的集団ストーカー、およびこれらの手先とみられる一部隊のエレクトリック・ハラスメントなどの策謀により、平成25年9月21日に人工透析の境涯に貶められ、折角の就業もふいになり、更にこれに絡んで折角の運営資金をはたかされるなど徹底的に貶められました。
これらは、すべてくだらない因縁付けやアンカリング、悪い暗示によるものであり、敵の運命操作によるものである。
その運命操作を指示していたのが、他ならぬ日蓮正宗宗門であり、これを実行していたのが隷属させられていた石之坊・法悦院の両寺院であり、医療利権であり、そして創価学会であった。
当家は、1995年に失地回復への探索を開始し、その後1998年に失地回復闘争を開始しました。以後、五次に亘る失地回復プロジェクトを通じて失地回復に向けたさまざまな取り組みを行ってまいりました。
その後、真実の追究が進んだことにより現状に即してプロジェクトの内容を見直し、これまで五次に亘り行われてきたプロジェクトの精神と成果を継承しつつ、プロジェクト及び実行主体の名称を現在の名称に変更しました。

プロジェクトについて

プロジェクトの正式名称:新天地プロジェクト
プロジェクト実行主体:失地回復プロジェクト実行委員会
策定年月日:平成26年6月3日
改定策定年月日:平成27年8月1日

プロジェクトの目標

  • 代表パントルセレブルの人工透析からの脱出と完全な社会復帰を目指すこと
  • 敵によって強要された不本意な移住を清算し、自らの意思による移住先の決定とこれに沿った移住を実現し新しい境涯と環境を建設すること
  • 敵の操作による経済的圧迫、および精神的圧迫を撥ね退け安定した生活環境を獲得すること
  • 自らが主体となって生活環境の建設を行う権利を奪還すること
  • 自らの意思、自らの思想で運営を行う権利を奪還すること
  • 家督相続を行う権利を奪還し、これを行使すること、家系を絶やさないこと
  • 粘着質の敵を完全に追放し、思想の自由を取り戻すこと

本プロジェクトの基本方針

新天地の決定及び移住

敵によって強制された不本意な移住地を捨て、自らが主体となって移住先を決定し、理想的な移住を実現します。

決定権と思想の自由の奪還

敵による洗脳や捩じ込み、スリコミなどによるミスリードを撥ね退け、自らの意思で主体的に運営や生活環境の決定を行う権利を奪還し思想の自由を取り戻します。

安定した財政運営の実現

敵の誘導や刷り込み、洗脳などによる無駄遣いを一掃し、安定した余裕のある財政運営を実現します。

健康の奪還

敵によって強制された、人工透析という極めて不本意な境涯を撥ね退け、危険な食品を排除し健康を取り戻します。

家督相続の実現

家系が決して途絶えることの無いよう、一家グループ内で調整を行い、子孫繁栄を行える者に家督を譲渡して家督相続を実現します。

当面の施策

  • 強制された不本意な住地からの脱却を実現するための基本的な取り組みを行う
  • 生活活動、および経済活動に対する決定権を一家のもとに取り返すための取り組みを行う
  • 安定運営の障壁となるような不要不急かつ過度な娯楽や消費の排除を行う
  • 健康の維持と増進のための諸施策の策定と実施を行う
  • 健康の回復と心身に亘る蓄積疲労の除去を最優先に行う
  • 食生活の改善と生活リズムの回復を最優先課題として取り組む
  • 異性交際については、本プロジェクトの趣旨を理解し賛同する者のみ認可する
  • 異性交際において、医療関係者、および創価学会に一度でも籍を置いた者を排除する

現在の進行状況

新天地計画

現在、基本計画及び基本調査段階であり具体的な移住地は特に具体化していない。
移住の時期については、2016年度内を目標に調整中である。

思想の自由及び生活権の奪還

現在、これを最優先課題として取り組みと戦いを行っている最中である。

運営の立て直し

徹底したコストの削減に引き続き取り組み、一定の成果を挙げている。
決定権を一家のもとに奪還するための原因の究明を行い、それをもとに決定権奪還のための闘いを推進している。

健康の奪還に向けて

外食や危険な食品の排除を行い、食生活の改善のための具体的な施策を実行している。また、人工透析の返上のための研究に着手している。

家督相続の実現に向けて

現在、基本計画の策定段階にある。異性交際に関しては、本件を左右する重要事項であるため無計画な交際やプロジェクトの支障となるような交際を禁じる措置を取っている。

このページは一部書きかけです。
(重要な事項については網羅しています。)

おことわり
本ページに記載の情報につきましては、情勢の変化、および当家の都合などにより内容が変更となる場合があります。予めご了承ください。
本ページの最終更新日は2018年3月23日です。