シングスピール会 公式ウェブサイト >> プロジェクト・事業 >>

移転事業

はじめに

シングスピール会は、2005年の移住の経緯を調査したところこれが敵対勢力によって画策された不当な誘導・強要によるものであることを突き止めました。
これは、敵対する複数の勢力が談合によって移住先のみならず、宗教面・医療利権の面に至るまでその誘導先を予め取り決めていたものであり、全てはこれに沿って行われた策謀だったのです。
移住事業は、これまでの不当に操作された人生を清算し、反撃への体制を固める上で非常に重要なものです。
しかし、それが追い立てられるような、誘導されたようなものになってはいけない。このため、計画をいったん練り直し、改めて移住先、移住の時期などを調整することとなったものです。

事業の概要

本事業においては、極力早期に現在の辺境の地から脱出することを主眼に、今後2~3年のうちに年内に移住を実現するものとする。
移住先については、現在調整中であるが、場合によっては海外への移住も視野にいれている。

完遂目標

完遂目標については、現在調整中です。

事業における施策

資金調達

蓄財および資金の増殖を行い、所要となる資金を確保します。
また、生活コストの徹底した削減に取り組み、所要資金の捻出に努めます。

綱紀粛正

所要資金の確保を確実とするため、生活上必要の無い支出を厳しく禁止し、不要不急の支出に繋がるあらゆる行為を厳しく規制します。
また、移住の妨げに繋がる行為を厳しく禁止し、またこれを要求することを禁じます。