プレスリリース」カテゴリーアーカイブ

臨時の交際統制について 2014.5.3

シングスピール家は、下記の通り臨時の交際統制を実施します。

対象者 知人を除く全ての者(代表所属寺院女子部員、および過去の処分者はすべて対象)
被対象者 代表
期間 2014年5月3日0時~2014年5月5日24時 72時間
理由 追放者暴走の恐れがあるため、及び活動等妨害の恐れが甚だしいため
違反者、誑惑者は厳しく処分します。

以上ご理解ご協力をお願いいたします。

平成26年5月3日
シングスピール・プロジェクト実行委員会
カテゴリー: プレスリリース | 臨時の交際統制について 2014.5.3 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://singspiel.jp/press/press_2014_0503_2.html

交際統制について 2014.2.28

シングスピール家において旧一家組織時代に出されていた特別交際制限令については、2014年3月1日付にて解除することとします。
なお、所属寺院内における交際の認可のみ、引き続き見合わせます。
変更は、当板においてお知らせします。

平成26年2月28日
シングスピール 敬白
カテゴリー: プレスリリース | 交際統制について 2014.2.28 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://singspiel.jp/press/press_2014_0228.html

新規承認について 2014.1.27

革命一家では、2014年1月14日から22日にかけて新たに4組のアーティストを承認し、承認数は8組となりましたことをお知らせします。
承認の内訳は、
新規承認2組、再承認2組
女性ソロ2人、グループ2組
となっています。
これにより、承認の総数は女性ソロ5人、グループ3組となります。
内容に関しては、関係者のみご確認いただけます。
希望の関係者は、代表まで直接お問い合わせください。

平成26年1月27日
失地回復プロジェクト実行委員会
カテゴリー: プレスリリース | 新規承認について 2014.1.27 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://singspiel.jp/press/press_2014_0127.html

臨時の交際統制について 2014.1.2

 革命一家では、シングスピール・ウェブ運営委員会の機材整備計画の再策定及びその実施に当たり、臨時の交際統制を実施しており、交際の受付を一時的に中止しております。
 なお、解除の際は当サイトのプレスリリース及びツイッターのシングスピール・チャンネルに告知が出ます。

平成26年1月2日
失地回復プロジェクト実行委員会
カテゴリー: プレスリリース | 臨時の交際統制について 2014.1.2 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://singspiel.jp/press/press_2014_0102_2.html

破門について 2013.8.10

失地回復プロジェクト実行委員会は、代表の中学時代の虚偽交際事件に絡み、相手方である元女子生徒を破門いたしました。
従って、この元女子生徒については今後革命一家および実行委員会とは何の関係もない徒輩であることをここに通告するものです。

経過

失地回復プロジェクト実行委員会 安全保障部は前史時代以来のガスライティング問題を調査する過程において代表の中学時代の交際関係を調査した結果、これがまともな交際であるとするには疑わしい新史実を多数発見いたしました。
これを受けて中央本部では、審議の結果相手方である元女子生徒を破門する方針を8月7日に固めました。その後、著しい状況悪化が見られ、反省の態度が見られないこと、この元女子生徒が今なおカルト団体に所属していると見られることなどから10日夕方まで待ったうえで破門を決定したものであります。

実行委員会では引き続き戦後処理に全力を挙げてまいりますので何卒よろしくお願い致します。

以上
平成25年8月10日
失地回復プロジェクト実行委員会
カテゴリー: プレスリリース | 破門について 2013.8.10 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://singspiel.jp/press/press_2013_0810.html

選定基準の一部明文化について 2013.5.28

このほど失地回復プロジェクト実行委員会では、交際統制にかかる選定基準において明文化されていなかった特定カルトの出身者に関する要件を以下の通り明文化いたしましたのでお知らせします。

顕正会、正信会からの脱会者

  1. 脱会より5年以上経過していること。
  2. 教団の謀略部門に所属したことが無いこと。
  3. 過去にいかなる場面でも不当交際行為、交際類似行為に該当する行為を惹き起こしていないこと。

創価学会からの脱会者

  1. 1997年11月30日以前に脱会していること。
  2. 脱会後、日蓮正宗法華講に10年以上連続して在籍していること。
  3. 電磁波犯罪、ガスライティング犯罪等に関与していないこと。
  4. 教宣部、広宣部等の謀略部門に所属したことが無いこと。
  5. 過去にいかなる場面でも不当交際行為、交際類似行為に該当する行為を惹き起こしていないこと。

創価学会、顕正会、正信会からの脱会者に関しては上記要件を満たしていない場合は一切交際を認可いたしませんのでご了承ください。

以上

平成25年5月28日
失地回復プロジェクト実行委員会 中央本部 交際対策部会

カテゴリー: プレスリリース | 選定基準の一部明文化について 2013.5.28 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://singspiel.jp/press/press_2013_0528.html

交際統制の再開について 2013.4.9

先日の編成会議に於いて交際統制を再実施する方針が決定しました。
つきましては4月10日午前0時より以下の内容にて交際を統制します。

2013年4月10日より当分の間、交際の受付をいたしません。
不当交際行為及び交際類似行為は無慈悲に処断します。
理由:仏道修行を最優先とするため。
統制の緩和等は仏道修行の進み具合により判断します。

詳細は実行委員会までお問い合わせ下さい。

所属寺院等関係者各位には追って詳細をお知らせいたします。

以上

平成25年4月9日
失地回復プロジェクト実行委員会 中央本部

カテゴリー: プレスリリース | 交際統制の再開について 2013.4.9 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://singspiel.jp/press/press_2013_0409.html

編成会議について 2013.4.8

本日失地回復プロジェクト実行委員会中央本部において編成会議が開催されました。本会議の席上で今後の失地回復の促進を図る為の諸施策の実施が決議されました。
本日の決議において、以下の施策が決定しました。

1 交際統制の実施
2 財政引締めの実施
3 反消費主義の更なる徹底
4 御宗門への赤誠の更なる徹底

なお、交際統制の実施要綱は現在中央本部で策定を急いでおります。
交際統制につきましては決定次第プレスで発表いたします。

以上

平成25年4月8日
失地回復プロジェクト実行委員会 中央本部

カテゴリー: プレスリリース | 編成会議について 2013.4.8 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://singspiel.jp/press/press_2013_0408.html

事犯処理に関する方針について 2013.3.3

失地回復プロジェクト実行委員会では、惹起者処分及び事犯処理に於いて以下の方針を採択しましたのでお知らせします。

不当交際行為、交際類似行為、法統相続妨害及びガスライティングの各事犯に関与した者は例外無く厳格に処断する。
特にガスライティング犯罪に関与した者は、少しでも手を貸し又は手伝いをしただけであっても、悪意の有無は関係無く一律に永代追放処分に付する。

 実行委員会では引き続き、戦後処理の遂行ならびに失地回復の達成に向けて全力を挙げております。引き続き悪逆な蠢動と謀略の殲滅、及びこれらの破折に皆様方のご理解、ご協力をお願いいたします。

平成25年3月3日
失地回復プロジェクト実行委員会 中央本部
カテゴリー: プレスリリース | 事犯処理に関する方針について 2013.3.3 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://singspiel.jp/press/press_2013_0303.html

過去の惹起者の処分について 2013.3.2

失地回復プロジェクト実行委員会は、過去の離島時代の関係者についてガスライティング調査を実施しています。
ついては、元同級生のうち男三名についてガスライティングへの関与が認定されたとして2013年3月2日付けでこの三名を永代追放処分にしましたのでお知らせします。

 実行委員会では引き続き、戦後処理の遂行ならびに失地回復の達成に向けて全力を挙げております。引き続き悪逆な蠢動と謀略の殲滅、及びこれらの破折に皆様方のご理解、ご協力をお願いいたします。

平成25年3月2日
失地回復プロジェクト実行委員会 中央本部
カテゴリー: プレスリリース | 過去の惹起者の処分について 2013.3.2 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://singspiel.jp/press/press_2013_0302.html