6 / 6« 先頭...23456

革命一家の敵対者に関する見解

 敵対勢力らによる革命一家への悪質な妨害行為等は巧妙・悪質・陰湿化の一途をたどっているが、いかなる妨害行為も一家の主権を侵すことはできず、却って自らの罪障を大きなものにしているのみである。しかしてその実態は過去の犯罪行為を隠蔽するためにウソの上塗りを続け、徒に肥大化してすでに引き返せないところまで来ているものである。
 我々に対するあらゆる内政干渉・不当介入・事業妨害を直ちに止め、そのために作り上げた勢力を解散し、過去のあらゆる行為に対して謝罪と賠償をしなければ、敵対者らはとてつもなく大きな罪障によって破滅の道を例外なくたどり、無間地獄・阿鼻大城の境涯に堕することは避けられないのである。
 革命一家は、いかなる敵対勢力にも手を緩めることなくこれらを退け、自主独立と一家の革命的体制を守り抜く用意ができている。
 また、敵対者・反逆者・反革命・反動分子ども、ならびに執拗に隷属を強要する徒輩どもはその悪逆なる策動の展開がもたらす破滅的な結果に全面的且つ致命的な責任を負うことを肝に銘じるべきである。

平成24年1月1日
シングスピール革命指導評議会
カテゴリー: 声明 | 革命一家の敵対者に関する見解 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://singspiel.jp/press/press_2012_0101_1.html

シングスピールの現在の健康状態について 2010.11.20

 シングスピール書記長の療養が長期に及び皆様には多大なるご心配、ご迷惑をおかけしているところでございます。つきましては書記長の現在の健康状態等について以下の通りお知らせいたします。

現在の健康状態
引き続き諸症状は比較的安定した状態であり、定期的通院と投薬を必要としているものの日常生活には支障が無く、一般生活に戻れる状態にはある。

現況
シングスピール書記長は引き続き早い時期の一般生活復帰を目指しており、また、数週間内に写真活動に復帰できる見通しである。

その他
敵対者のグループが書記長の療養生活の引き延ばしを画策していると見られる。このため、巡回を強化し利略活動の取締りを強化している。

以上
平成22年11月20日
失地回復プロジェクト実行委員会
カテゴリー: プレスリリース | シングスピールの現在の健康状態について 2010.11.20 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://singspiel.jp/press/press_2010_1120.html

シングスピールの病気療養について 2010.10.18

 8月よりシングスピールが病気療養となり皆様にはご心配をおかけしております。懸命の療養の結果、引き続き通院が必要であるものの、一般生活に復帰できる見通しとなりました。このため「失地回復プロジェクト」の執行計画を改めて策定し執行してまいります。今後は療養と平行しつつ一般生活に復帰の上失地回復プロジェクトの計画ならびに事業等を粛々と執行してまいります。
 一家では引き続き、戦後処理の遂行ならびに失地回復の達成に向けて全力を挙げております。引き続き悪逆な蠢動と謀略の殲滅、及びこれらの破折に皆様方のご理解、ご協力をお願いいたします。

以上
平成22年10月18日
失地回復プロジェクト実行委員会
カテゴリー: プレスリリース | シングスピールの病気療養について 2010.10.18 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://singspiel.jp/press/press_2010_1018_2.html

シングスピールの病状について 続報 2010.8.21

 このところ体調不良による療養でご心配をおかけしているシングスピール書記長ですが、症状の経過と詳細は以下の通りでありますのでお知らせいたします。

シングスピール書記長の病状
・異常高血圧
・上記による心臓の負担増
・同、眼球異常
・腎臓疾患 など

なお、根本的原因を成しているのは異常高血圧であることが判明しています。
現在、高血圧に対する対療を中心に進めており、異常高血圧と心臓の負担増については危険な状態を脱しており引き続き対療中であります。また腎臓疾患については病状の経過を見て対処するとの事でありました。

また、現在は自宅療養となっておりますが、腎臓の病状の経過によっては入院もありえる旨併せてお知らせいたします。

異常高血圧の原因については、食生活のほか異様にストレスのかかる状況があったことが指摘されており、ストレスをかける行為に関係した者、計画の圧殺により孤立を謀った者について殺人未遂罪、傷害罪などで刑事告発を行うことを検討しておりますことを改めてお知らせいたします。

平成22年8月21日
失地回復プロジェクト実行委員会 中央本部
カテゴリー: プレスリリース | シングスピールの病状について 続報 2010.8.21 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://singspiel.jp/press/press_2010_0821.html

代表・シングスピールの病状について 2010.8.4

 このところ体調不良でご心配をおかけしているシングスピールですが、以下の症状により活動を全面的に停止し、当分の間療養に専念させていただくこととなりましたのでお知らせいたします。

シングスピールの病状
・異常高血圧
・上記による心臓の負担増
・同、眼球異常
・腎臓疾患 など

また、現在は自宅療養となっておりますが、経過によっては緊急入院もありえる旨併せてお知らせいたします。

平成22年8月4日
失地回復プロジェクト実行委員会 中央本部
カテゴリー: プレスリリース | 代表・シングスピールの病状について 2010.8.4 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://singspiel.jp/press/press_2010_0804.html

一号形原付車の復活について 2010.6.25

このたび、シングスピール一家の懸案となっておりました原付車「一号形」の復活を達成し6月23日より運行を再開いたしました。
 予算の確保が可能となったためで、6月15日に修理を開始し、このたび修理完了となりこのたびの慶事に至ったものであります。5年超に及ぶ休車を乗り越え復活を果たした一号形車はまさしく不死鳥と呼ぶに相応しいものであります。
 また、これにより、謀略者集団の奸計のひとつがここに完膚無き崩壊を遂げたことになり再び一家のための輸送体系が整った事になります。
 このことは戦後処理としての大きな懸案のひとつが解決を果たしまた一歩復興に近づいたことにもなります。
 更に、輸送体系が整ったことにより今後数年にわたる大幅な経費削減が実現するなどこのことの持つ意義には果てしなく大きなものがあります。
 一家では引き続き、戦後処理の遂行ならびに失地回復の達成に向けて全力を挙げております。引き続き悪逆な蠢動と謀略の殲滅、及びこれらの破折に皆様方のご理解、ご協力をお願いいたします。

平成22年6月25日
失地回復プロジェクト実行委員会
カテゴリー: プレスリリース | 一号形原付車の復活について 2010.6.25 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://singspiel.jp/press/press_2010_0625.html

カルト団体の指定について 2010.6.18

 6月18日に一家側の機関において、以下の団体について一家の定める「特定カルト、異流儀及び反目団体の指定にかかる規則」に基づき「カルト団体」に指定しました。これに伴い、常磐路ウェブでもこれに追随し同様に扱うことといたしましたのでお知らせいたします。なお、このほか1団体について現在カルト指定にかかる審議を行っておるところですので併せてお知らせします。

指定された団体及びその理由
宗教法人創価学会:日蓮正宗の教義を不当に盗み取り市井の民衆を欺いているため
宗教法人正信会:同上
宗教法人顕正会:同上
任意団体(名称不明):同上

以上
平成22年6月18日
失地回復プロジェクト実行委員会 中央本部
カテゴリー: プレスリリース | カルト団体の指定について 2010.6.18 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://singspiel.jp/press/press_2010_0618.html

敵対者らに対する責任追及を打ち切る 2010.5.7

この度、革命一家では敵対者らに対する責任追及の打ち切りと戦後処理と第3次失地回復プロジェクトの策定・実行を決議いたしました。
 未だ敵対者らがその謀りや悪逆なる思想を完全に放棄しておらず、完全には終戦しておりませんが、戦後処理と復興を急ぐべきという意見が大勢を占めているためこの様な決定に至ったものであります。なお、敵対者らが何らかの形でその邪悪なる牙をむいて新たなる策動に出た場合は、ただちに休戦を破棄し正義の殲滅戦を以って臨み、これらを全力で叩き潰し、謀略の芽を根こそぎにすることとしています。
 この措置に伴い、シングスピールに対する敵対行為を行ってきた謀略団体や別の一派のメンバーなどについて2010年5月7日付を以って永代追放の処分に付しています。
 革命一家では今後、戦後処理の遂行ならびに失地回復の達成に向けて全力を挙げてまいります。敵対者らの悪逆な蠢動と謀略の殲滅、及びこれらの破折に皆様方のご理解、ご協力をお願いいたします。

平成22年5月7日
失地回復プロジェクト実行委員会 中央本部
カテゴリー: プレスリリース | 敵対者らに対する責任追及を打ち切る 2010.5.7 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://singspiel.jp/press/press_2010_0507.html

新年間テーマに移行 2010.5.2

この度、革命一家では新寺院への移籍をひとつの区切りと捉え2009年から引き継いでいた年間テーマを4月限りで破棄し本年後半より採用を内定していた新テーマ「Break Through The Wall」に5月1日より移行しました。
 昨年9月の大粛清に続き敵対者の女を完全追放としたことで形の上では切り離しておりますがこれら徒輩がその謀りや悪逆なる思想を完全に放棄するとは思えずこれまで以上に注意を要すると一家では見ています。このため、革命一家では磐石の体制で万一に備え監視及び警戒を強化しており主権回復に対する攻撃をあらゆる手段を用いて迎撃し退ける方針であります。また、革命一家ではこれまでの重大な影響を払拭すべく戦後処理に全力を挙げております。皆様方のご理解、ご協力をお願いいたします。

平成22年5月2日
失地回復プロジェクト実行委員会 中央本部
カテゴリー: プレスリリース | 新年間テーマに移行 2010.5.2 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://singspiel.jp/press/press_2010_0502.html

シングスピールが新寺院に移籍 2010.4.12

 この度、シングスピールは4月10日に旧所属寺院より不当に粛清される不幸に見舞われました。このため、取り急ぎ首都圏の中堅寺院に移籍して宗教活動を継続する運びとなりました。これにより2005年以来抱えており懸案の問題となっていた不当干渉問題に、不満足な形ながらひとつの決着を見たことになります。ただし革命一家ではこれを終戦とはみなしておらず(休戦扱い)惹起者らが新たな蠢動や謀りを見せた場合、ならびに邪な祈念を止めない場合には休戦を破棄し正義の殲滅戦でこれを全力で叩き潰す方針であります。
 また、シングスピール一家では峻烈な偏見により謀りを企て、反省の一片も見せないこの門外漢女を正法信仰者とは認めておりません。悪逆な蠢動と謀略の殲滅、及びこれらの破折に皆様方のご理解、ご協力をお願いいたします。

平成22年4月12日
失地回復プロジェクト実行委員会 中央本部
カテゴリー: プレスリリース | シングスピールが新寺院に移籍 2010.4.12 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://singspiel.jp/press/press_2010_0412.html
6 / 6« 先頭...23456