シングスピール会 金城家本部 >> 運営関連資料 >>

一家再生の取り組み

歴史

一家では、1995年以来「失地回復プロジェクト」と銘打って一家の再生と諸問題の解決、そして然るべき地位を取り戻すことを目指し、これまで5次に亘ってプロジェクトを結成して様々な取り組みが行われてきた。
しかし、その目指すものに現実との乖離や理想主義がはびこり、実現不可能なものや矛盾に満ちた政策が混じるなどしたため「失地回復は化城である」という指摘を度々受けるに至った。またこの「失地回復の化城」に由来する政策の歪みや新たなる問題の出来など、理想には程遠く、失地回復のあるべき姿、また当初の内容からも著しく乖離していた時期もあった。
しかし、一家は本来あるべき失地回復の姿を目指し、人工透析からの脱出と完全な社会復帰、そして真の失地回復を目指すべく本来の姿に近づくよう軌道修正を続けた。

現在

2015年8月より「新天地プロジェクト」に移行。五次に亘って行われた「失地回復プロジェクト」の精神、成果を継承しながら一家における諸問題の更なる解決、法統相続の達成、更に将来にわたる一家の礎を強固なものにすべく全力で取り組んでいる。

取り組み年表

第一次失地回復プロジェクト 1995年~2000年の6年間
第二次失地回復プロジェクト 2001年春~2010年春の9年間
第三次失地回復プロジェクト 2010年5月~2011年の約1年8ヶ月
第四次失地回復プロジェクト 2012年の1年間
第五次失地回復プロジェクト 2013年5月~2016年1月
新天地プロジェクト 2016年2月~5ヵ年程度を予定

現状と成果

兼ねてから懸案となっている設備面に付いては第4次事業まででほぼ完了。また2009年度までにほぼ完了したとしていた不用品の整理について、これを更に推進し、事業の粛々たる遂行に適した環境の最適化を図った。
また、2010年半ばより、長年にわたる紛争による戦災・被害からの復興のための戦後処理を粛々と推し進めているところである。特にハタカセ策動による新たな負債が問題となっており、その早期完済を計ることとしている。
2013年になって代表が敵の策謀により人工透析の境涯に貶められたため、新たに人工透析からの脱出と完全な社会復帰を目指すためのプロジェクトが発足。今後約5年を目標にこの貶められた境涯を撥ね退けることで一致して取り組んでいる。

今後の事業展開について

一家本陣が既に手狭になってきており、建物設備等の老朽化が激しい上、放射能被害の深刻化が叫ばれていることから、当面の対策として国内移転を急ぎ、その後3年程度で海外移転を行い当家の本拠地とした上で、最終的に外国籍を取得することとしている。
国内移転が完了するまでは、トラブル等を避け生活の静穏保持と支出抑制を第一に運営する。

今後の予定(目標)

2018年度迄 戦後処理70%達成
2019年度末頃 一家本陣の国内移転
ハタカセ策動による負債の償還
戦後処理完遂
2020年代前半 一家本陣の海外移転
人工透析からの脱出と完全な社会復帰の実現
おことわり

本ページに記載の情報につきましては、情勢の変化、および当家の都合などにより内容が変更となる場合があります。予めご了承ください。
このページは一部書きかけです。
(重要な事項については網羅しています。)
このページの最終更新日は 2018年2月12日です。